[憲法検定 基礎編] [挑戦] [高成績者] [成績分布] [出題状況]

憲法検定(基礎編)(2)
出題状況


■出題状況情報■
総問題数 10問
総出題回数 17085回
総正解回数 8125回
平均正解時間 5951.71秒
総正解率 47.55%

問題番号 成績 正解率 正解時間 作成者 問題内容
Q1. 2235人中1016人正解 45.4% 17127.00秒   日本国憲法に明記されている「経済活動の自由」を構成する権利として、次の記述の中で正しいものを一つあげよ。
Q2. 1952人中813人正解 41.6% 8901.16秒   「職業選択の自由・営業の自由」に対する制限についての次の記述の中で正しくないものを一つあげよ。
Q3. 1815人中824人正解 45.3% 7243.80秒   日本国憲法に明記されている「人身の自由」についての次の記述の中で正しくないものを一つあげよ。
Q4. 1701人中818人正解 48.0% 4901.88秒   日本国憲法に明記されている「社会権」を構成する権利として、次の記述の中で正しいものを一つあげよ。
Q5. 1647人中795人正解 48.2% 5059.04秒   日本国憲法に明記されている「労働基本権」を構成する権利として、次の記述の中で正しいものを一つあげよ。
Q6. 1600人中800人正解 50.0% 3966.43秒   「環境権」についての次の記述の中で正しいものを一つあげよ。
Q7. 1571人中728人正解 46.3% 2039.33秒   「自由権」「社会権」とは別にある、「国民が政治に参加する権利や国家に対してさまざまな要求をする権利」を構成する権利として、次の記述の中で正しいものを一つあげよ。
Q8. 1537人中814人正解 52.9% 2537.48秒   選挙権保障のために構成される基本的な原則として、次の記述の中で正しいものを一つあげよ。
Q9. 1522人中754人正解 49.5% 2004.01秒   権力分立についての次の記述の中で正しくないものを一つあげよ。
Q10. 1505人中763人正解 50.6% 1946.37秒   国会議員についての次の記述の中で正しくないものを一つあげよ。

qqq systems Ver2.21