法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<憲法関連書籍・論文>

 

書籍『マンガで丸わかり! 親子で覚える日本国憲法』

T.T


 この本は、とかく難しいイメージのある憲法を、できるかぎりわかりやすく子どもに読んでもらうべく、ほぼ全てのページにイラストやマンガをのせ、見て楽しみながら自然に憲法を学んでもらおうというものです。「小学生のみなさんはもちろん、おうちの方、そして憲法は昔勉強したけれど、もう一度要点を勉強してみたいと考えておられる方に、日本国憲法の入門書として読んでいただこうと考えて作られました」(「はじめに」)。
 part.1で前文の重要性をうちだし、part.2「平和の憲法」では、平和主義を日本国憲法の中でも重きをおき、それは戦争の反省から生まれた、全人類の未来に向けた願いだとしています。
 Part.3「国民の権利と国民主権」では基本的人権を「だれもが自由で幸せに生きることを邪魔されないということ」として、具体的な権利を説明しています。
 そしてpart.4「国のしくみ」の最後では、第99条を「大切な原則」としてあげ、政治を行う人々はこの憲法を守ることで、国民の人権を尊重せよということである、とまとめ、立憲主義の考え方を強調しています。
 親子で"覚える"というよりも、憲法の基本的な考え方の理解が広がる必要がありますが、この本も子どもたちに読んでもらいたい一冊です。

【書籍情報】
村 和男 監修 ブティック社  2010年12月刊行 定価1,100円(税込)

* 小学生向けの憲法の本については当ホームページにて『えほん日本国憲法』作者の野村まり子さんに語っていただいています。こちら

* このほかにも、小学生向けにわかりやすく憲法を伝える書籍を紹介しています。こちら(小学生向けの憲法の本)。

* 法学館憲法研究所は中高生向けの映像教材「憲法を観る」の製作に協力し、その普及を進めています。当サイトでは「中高で学ぶ憲法用語解説」を連載中です。

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]