法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<憲法関連書籍・論文>

 

書籍『CIAと戦後日本 −保守合同・北方領土・再軍備』

T・S


 戦後の日本のあり方に圧倒的な影響力を及ぼした米国は、敗戦直後からマッカーサーを中心とするGHQを通じて日本を支配しましたが、その裏では米国情報機関が動いていました。その実態は、当事者やジャーナリストなどが著書であきらかにしていますが、2000年代になって公開されたCIA文書によって、いろいろな事実が裏付けられました。
 本書では4つの事柄が著わされていますが、第三章の「野村吉三郎と『日本海軍』再検計画」では、自衛隊の成り立ちに裏で動いた日本と米国の政治家や情報機関の人々が描かれていて、その連携や確執の模様には、興味深いものがあります。戦後の日本に米国の情報機関がこれほど影響を及ぼしているたことは問題視されるべきです。
 米国では、この書の情報源になったCIA文書が公開されていますが、著者が指摘しているように、公開する範囲は米国の国益にいちじるしく反しないことが前提になっていることを忘れてはなりません。一方で、米国の公文書公開制度に比べて、日本の制度はどうなのかも考えさせられます。

【書籍情報】 有馬哲夫著 平凡社 2010年6月刊行 定価:本体760円(税別)


*戦後日本がアメリカの世界戦略に組み込まれてきた経過などは、当研究所が製作に協力したドキュメンタリー映画「戦争をしない国 日本」などにも描かれています。あらためてご案内します。

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]