法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<憲法関連書籍・論文>

 

書籍『<働く>ときの完全装備 15歳から学ぶ労働者の権利』

T.T


 深夜手当が支払われない、人間関係がうまくいかず嫌がらせを受けている、いつか正社員になれると信じて働いていたが、受注が減って雇い止めになりそうだ・・・。
 働いている人の叫びが聞こえてきそうです。正規雇用者は1997年から2006年の10年で約470万人減少し、非正規雇用者は約500万人増加しました。また、自由に安く使える労働力として見られる若い労働者がおかれている状況はとてもきびしいものです。
 本書は、働いている人の権利が侵されている時にどうすればよいのか、それを教育現場でどう教えるかを記した教材です。
 「導入編」では、仕事に対する価値観を考え、労働者の権利や使用者の義務を学びます。
「ロールプレイ編」では、教師や生徒が労働者、使用者それぞれの役割を演じながら様々なケースやトラブルを学び、どうすればよいかを考えます。
 「大切なのは、『こんな扱いをされるのは何かおかしいぞ』とわかる感覚を若いうちから身につけておくことなのです」と著者が述べるように、中高生のうちから社会に出て働くときに直面するであろう問題にどう向き合うかを考えることは重要です。
 憲法は28条で勤労者の団結権、団体交渉権、団体行動権を保障しています。その権利は自らが使ってこそ力を生み出します。この権利を若者に活かしてもらいたい、そのような願いが込められた一冊です。

【書籍情報】橋口昌治、肥下彰男、伊田広行著 解放出版社 2010年9月刊行 定価1,680円(本体1,600円)


*当研究所は中高生向け映像教材「憲法を観る」の普及をすすめていますが、そのWEBサイトで、本書の執筆者の一人である橋口昌治さん(関西非正規等労働組合「ユニオンぼちぼち」執行委員長)に「日本国には憲法があります。あなたの職場にはありますか?」を語っていただきました。

*当サイトに搭載している「憲法文献データベース」では「労働基本権」「生存権」などのキーワードや著者別に憲法関連文献を検索できますのでご案内します。


 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]