法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<憲法関連書籍・論文>

 

書籍『世界史の中の憲法』紹介文

H・O


 歴史科学協議会の雑誌『歴史評論』2010年4月号 が浦部法穂著・法学館憲法研究所双書『世界史の中の憲法』を紹介しています。
 評者・吉田ふみおさんは本書を、「現代憲法を理解するうえで欠かせない、最も基本的な六つのキーワードを一冊にまとめ、それらを切り口に憲法を語った・・・この点が本書の一番の特色であり、魅力でもある。」「本書はまさに、憲法を『生かす』運動を前進させるための学習書としても適した内容である。研究者や教員、学生のみならず、活動家にも本書の一読を勧めたい。」と評されます。そもそも憲法というものとその考え方が、どのような歴史的な背景の中で生まれ、どのように推移してきたのかを学ぶと、それは憲法というものの存在理由やその価値の深い理解につながりますので、吉田さんの紹介をありがたく思います。
 吉田さんは、本書の叙述をより深める立場から、日本国憲法の平和主義の規定とその意義について、歴史学の到達点をふまえてコメントされています。立憲主義、人権、国民主権、権力分立、平和、国家というものを理解していく上で、それらの歴史をふまえた議論の輪が広がっていくことが期待されます。


*法学館憲法研究所の「憲法文献データベース」では憲法のキーワードごとに文献検索ができますので、ご案内します。

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]