法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<憲法関連書籍・論文>

 

インタビュー「科学者と憲法九条(益川敏英)」

H・O

 2008年にノーベル物理学賞を受賞した物理学者・益川敏英さんが、自らの戦争の記憶と平和への願いと決意を語っています。学問をする人間は平和の問題に無関心であるべきではないと述べ、自らの知識をどのように平和に役立たせるかを考えるべきだと語っています。
 益川さんは人類の進歩の歴史を振り返りながら「これから200年たったら戦争はなくなる」と言います。そして、今後「もし憲法九条を変えようとする動きが本格化するならば、60年安保闘争を超えるような運動がおこる」と言い、若い世代の力への確信を語ります。短いものですが、勇気をもらえるインタビュー記事です。

【インタビュー記事情報】雑誌「世界」2009年7月号(岩波書店)所収

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]