法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<憲法関連書籍・論文>

 

書籍『北欧 考える旅 − 福祉・教育・障害者・人生』

H・O

 憲法に生存権の規定を持ち、しかも軍隊を保持せず軍事的な経費をその他の分野にまわすことのできる日本は、世界からの注目される福祉国家になれるはずです。ところが、日本の福祉が世界から注目されることはなく、むしろ最近では福祉が後退し、人々の生存すら脅かされる事態が進行しています。この間憲法9条の解釈改憲が指摘されてきましたが、25条についても解釈改憲が進められているのではないでしょうか。この状況をなんとか打開していきたいものです。
 北欧の福祉が充実していることはよく知られています。ところが、北欧は税金が高いからだ、とよく言われます。国民の税負担と福祉の水準のあり方は経済学・財政学の見地からも慎重な検討が必要だと思われますが、本書は北欧の福祉の現場のリアルな実態を具体的に示しながら、そのあり方を問題提起しています。北欧の福祉を享受している人たち、福祉にたずさわっている人たちの生の声が数多く紹介されています。福祉の本来的なあり方を具体的にイメージさせてくれます。
 本書の著者は、日本の障害者福祉の後退に反撃し、その充実を求める活動に従事しています。当サイトの「今週の一言」で「生きるために不可欠な支援に『応益負担』は違憲!」と語っていただきました。本書では、日本の福祉をめぐる様々な問題状況と対比しながら、北欧の福祉を紹介しておられます。北欧の街の様子もよくわかるようになっており、北欧を旅する前に読んでおきたい読み物ともなっています。

【書籍情報】2009年5月、全国障害者問題研究会出版部から刊行。著者は薗部英夫さん(全国障害者問題研究会事務局長)。定価は本体1700円+税。

*当サイトの憲法文献データベースで「生存権」に関わる文献を検索できますので、ご案内します。

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]