法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<憲法関連書籍・論文>

 

書籍『日本国憲法は「押しつけられた」のか? −戦後日本の出発と憲法の制定』

H・O

日本国憲法の制定過程を解明する書籍は少なくありませんが、この本もその経過とポイントをコンパクトに、かつわかりやすく示すものです。歴史的に重要な資料を数多く掲載していることもこの本の特徴です。日本国憲法の制定には、当時の日本国民の平和への願い、戦前からの良識ある知識人の研究や提言、天皇制を維持しようという当時の日本政府関係者の思惑、当時の国際情勢とアメリカ政府の意向などが反映しています。ところが「現憲法はアメリカに押しつけられたものだ」と理解している人はいまなお少なからずいます。映画「日本の青空」はその誤解を解く役割を果たしていますが、その課題は引き続き重要であり、この本も広がって欲しいものです。
自衛権についての解釈などには異論もあると思われますが、全体としては日本国憲法の意義をその制定過程に照らしながら浮き彫りにしている書といえましょう。

関連情報「憲法は押しつけられたか?」(伊藤真「中高生のための憲法教室」から)

【書籍情報】2008年4月、学習の友社から刊行。著者は柴山敏雄さん。1000円。

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]