法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<憲法関連書籍・論文>

 

書籍『山川菊栄と過ごして』

H・O

山川菊栄は大正・昭和期の社会主義女性解放思想の代表的理論家とされます。戦後改革の時期には、初代の労働省婦人少年局長に就任し、その後も『婦人のこえ』の発刊、婦人問題懇話会の設立などで女性の地位向上に尽くしたと言われます。
山川菊栄の晩年までの22年間をともに過ごした本書の著者は、山川菊栄の日常生活を紹介しつつ、その人となりや考え方を紹介しています。日本の社会主義運動には曲折があり、運動家に対する評価は難しいところがありますが、その人の思想や理論とともに具体的な実践なども学び合いたいものです。本書を読み、あらためて感じました。
本書は著者が山川菊栄との日常生活を回想するだけでなく、そこには今日の憲法「改正」への動きを危惧する著者の思いが散りばめられています。著者自身の戦前から今日までの人生も綴られ、それは日本の近現代史の日常的な断面といえるものとなっています。
当研究所も協力して出来上がったドキュメンタリー映画「戦争をしない国 日本」は憲法をめぐる現代史を描いていますが、歴史を正しく伝え、学び広げていきたいものです。

【書籍情報】2008年3月、ドメス出版から刊行。著者は岡部雅子氏。2400円+税。

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]