法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<憲法関連書籍・論文>

 

書籍『おしえて、ぼくらが持ってる 働く権利』

H・O

「時給950円、社保完備」、働いてみたらちがうじゃん! これってサギ?!
「3ヵ月はお試し期間。本採用をしないことにしただけ」だって。試用期間ってなに?
残業代は特別手当に含まれてると言うけど。100時間残業して2万円ってありですか?
日雇い派遣で働いてケガをしました。入院費とかは出してもらえるの? 不安です。
6ヵ月の契約だったのに、2ヵ月で切られた。「お客さんの都合だから」と言うけれど・・・。

「こんな悩みをわかりやすく、解決するよ」「ちゃんと働きたい若者たちのツヨーイ味方」と案内する書です。
当サイトの「今週の一言」で「若者の中の貧困の実態に目を向け解決をめざす」と発言していただいた河添誠さんが冒頭で若者たちによびかけ、以下上記のような若者たちの疑問にわかりやすく答える内容が綴られています。全体の法律監修は、やはり当サイトで「ヨドバシカメラ違法派遣暴行事件」について語っていただいた弁護士・笹山尚人さんが担当しています。

昨年、労働契約法が成立し、今後は使用者が一方的に決める就業規則による労働条件の不利益変更も、例外的とはいえ認められることになりました。労働者をめぐる状況は深刻であり、憲法に定められた働く権利、労働基本権を保障させていく取り組みはいよいよ重要です。
読者の皆さんは冒頭に紹介されている若者の声にどう答えますか。私たちは憲法とその考え方を社会に広げていきたいと思いますが、人々の身近で切実な声を聞き、真摯に対応しながら進めていく必要性を、あらためて感じます。

【書籍情報】2008年3月、合同出版から刊行。監修は首都圏青年ユニオン、著者は清水直子さん、法律監修は笹山尚人さん。定価=本体1300円+税。

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]