法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<憲法関連書籍・論文>

 

書籍『反戦軍事学』

H・O

日本国憲法の平和主義を支持する人は多いのですが、北朝鮮の「脅威」が宣伝され、最低限の軍事的「備え」も必要と言われると、「それもそうだな」と思いがちです。しからば、どのような軍事的「備え」がどの程度まで必要なのか、本当に必要なのか、ということの冷静で説得的な説明は難しいものです。その点、法学館憲法研究所の客員研究員である水島朝穂教授(早大)の研究と問題提起はいつも注目されます。
この本は軍事についての基本的な知識と常識を伝えながら、憲法「改正」によって軍隊を持とうと言う昨今の主張に反論するものとなっています。歯に衣着せぬ文章であり、「?」と思うところもありますが、なかなか面白く勉強できる内容となっています。
このホームページで以前『護憲派のための軍事入門』を紹介しました。この本でも軍事のことをわかりやすく学べます。

【書籍情報】2006年12月、朝日新聞社から朝日新書として刊行。著者は林信吾氏(作家・ジャーナリスト)。税込価格756円

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]