法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<憲法関連書籍・論文>

 

書籍『常識として知っておきたい日本国憲法』

「何が書かれているのか、何が問題なのか、が2時間でわかる本」と銘打たれたコンパクトな文庫本です。
当研究所双書『憲法の本』(浦部法穂著)当研究所・伊藤所長の『高校生からわかる日本国憲法の論点』なども参考にして書かれたと明記されています。「そもそも、なんのために憲法があるの?」「法律と憲法の決定的な違いって?」「民主主義と立憲主義はなにがちがうの?」というタイトルの部分などは『憲法の本』や『高校生からわかる日本国憲法の論点』と同じような記述となっています。これは当研究所の活動の反映であり、今後もより多くの人たちに憲法とその理念の基本的な内容について広げていきたいと思います。
なお、この本には憲法とその内容について様々な論点を説明していますが、その一つひとつはより吟味して読む必要がありましょう。より多くの人たちと憲法について語り合う素材の一つとして紹介します。

【書籍情報】2006年4月1日、河出書房新社から刊行。博学こだわり倶楽部編。定価:本体514円(税別)。

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]