法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<憲法関連書籍・論文>

 

雑誌「季刊『軍縮地球市民』(特集・日本国憲法の実力)」

憲法の理念を学ぶ上で大変読み応えのある内容となっています。
特集冒頭の対談は「改憲阻止の新たな戦術」と銘打たれ、姜尚中教授が「政教分離の原理原則論に立つ」という主張を展開しています。
「天皇制」「9条」「平和構想」「平等」「自由権」「社会権」「国会・政党・選挙」「行政」「司法」というパートが設けられ、それぞれに関わる憲法理念と改憲論の問題点が語られています。
掲載されている諸論文は当研究所HP「今週の一言」にも登場していただいた方のものも多くあります。「司法」の部分は小沢隆一教授が総論を展開し、上原公子・国立市長のコラム的な論考も掲載されています。
また、「外から見た憲法」という章では「憲法と沖縄」というテーマで大田昌秀・参院議員が執筆しています。
その他、朝日新聞・伊藤千尋氏が「平和は実現できる − 熱きアジアから」を執筆します。ジャーナリスト・斎藤貴男氏は日弁連人権擁護大会のルポを執筆しています。

雑誌情報 : 2005年12月発行。編集:明治大学軍縮平和研究所。発行:西田書店。定価(本体1,200円+税)。詳しくはこちらへ。

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]