法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<憲法関連書籍・論文>

 

記事「コスタリカ共和国『平和教育』の現場から」

「常備軍を廃止し、国家予算の約2割を教育費に充てている中米・コスタリカ共和国。高い識字率など、その教育の成果は世界中から注目を集めている」という書き出しでこの記事は始まり、7ページにわたって多くの写真とともに様々な学校の様子が紹介されています。家庭内で虐待を受け心や体に傷を負った子どもが共同生活を送る学校、貧困地域にある学校、伝統のある公立校、キリスト教にもとづく教育が行われる学校などがとりあげられています。
コスタリカの学校現場にも様々な問題があり、それが日本と比べてどう評価されるのかは難しいところでしょうが、全体としてコスタリカが教育に対する予算を確保し、平和教育を重視しているように感じます。
当HPでは以前伊藤千尋さん(朝日新聞社「論座」編集部)にコスタリカの平和教育などについて語っていただきました(2004年9月21日)(2005年8月8日)が、この記事はその内容を裏付けるものになっているように思います。日本と同様に軍隊を廃止した国の実践に学ぶことは多いと思います。
ぜひ図書館などに立ち寄った時にご覧いただくことをお勧めします。
なお、当研究所はコスタリカ産のコーヒーを取り扱っていますので、ぜひご注文ください。

記事「コスタリカ共和国『平和教育』の現場から」は週刊誌「サンデー毎日」2006年1月22日号のグラビア「シリーズ学校 番外編」として7ページにわたって収録されています。

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]