法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<憲法関連書籍・論文>

 

書籍『映画 日本国憲法 読本』

この本は次のように紹介されている。

「世界各国の12名のインタビューから成るドキュメンタリー映画「日本国憲法」。映画で紹介しきれなかったインタビューより6名の全文掲載に加え、採録シナリオ、日本国憲法などの資料を網羅した完全保存版です。

日本国憲法の知られざる事実、日本の憲法そして第9条は世界からどのように見られているのか、各国の第一線で活躍する知識人たちが、明確にそして分かりやすく提示します。歴史、アメリカ、戦争、テロ、アジアとの関係、日本政府…、日本に住む私たちは、今起こっているできごとに対してあまりにも無知です。憲法改正問題がもっとも活発に議論されている今だからこそ、世界から送るメッセージに耳を傾けてほしいのです。」

インタビューに登場する6人とは、ジョン・ダワー(歴史家「敗北を抱きしめて」「容赦なき戦争」)、ノーム・チョムスキー(言語学者「メディア・コントロール」「9.11」)、ベアテ・シロタ・ゴードン(1945年のクリスマス))、チャルマーズ・ジョンソン(アジア政治学者「アメリカ帝国の悲劇」「アメリカ帝国への報復」)、日高六郎(社会学者「戦後思想を考える」「私の平和論」)、ハン・ホング(歴史家「韓洪九の現代韓国史」)。

詳細はhttp://www.foiltokyo.com/book/text/kenpou.html

発行:(有)フォイル 
定価:1470円(本体1400円)

 

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]