法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<憲法関連書籍・論文>

 

論文「特集『憲法変えれば未来は薔薇色? 〜 憲法キャンペーン第2弾』」

憲法記念日を前に雑誌「週刊金曜日」が「まるごと憲法特集号」と題し、次のような興味深い諸論文を掲載。

「新憲法試案が示す自民党による自民党のための憲法」(豊秀一)
「財界人として改憲に反対する」(対談:品川正治VS斉藤貴男)
「憲法と政治 : 『100年の理想』を政治の力で現実に」(早野透)
「憲法と経済 : 経済と生活を脅かす『国民の責務』」(竹信三恵子)
「わたしと憲法 : 不安からすべてが悪く回っていく」(春風亭小朝)
「9条 : 『平和のうちに生存』しているか?」(石埼学)
「言論の自由 : 改憲と連動した権力の言論攻撃」(山口正紀)
「ジェンダー : まだ男女平等は実現していない」(堀口悦子)
「外国人 : 9条こそ『国民以外』の命綱」(朴慶南)
「天皇 : 僕らが天皇の心情を妄想する時」(森達也)
「改憲論はタブーではなかった」(愛敬浩二)

論文情報 2005年4月29日、週刊金曜日発行。定価500円(税込)

 

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]