法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<憲法関連書籍・論文>

 

書籍「改憲論を診る」

当研究所客員研究員でもある水島教授が編者として刊行。憲法調査会・各政党・メディア・文化人・経済界等の改憲論議を整理し、改憲論を診る素材と視角を提供し、改憲論の問題状況をあぶり出している。
大きな章立ては次の通り。

序 いま、何が変えられようとしているのか
第1部 軌跡を診る
 1 憲法制定過程を診る
 2 9条解釈論から診る―軌跡と到達点からの選択肢は
 3 今日の改憲論とそこで問われていないこと
第2部 改憲論を診る
 4 改憲動向を診る―改憲手続と憲法裁判所設置論を中心に
 5 改憲調査会における改憲論議
 6 改憲動向としての教育(基本法)改革とナショナリズム
 7 政党の「改憲論」を診る
 8 メディアの改憲論を診る
 9 「文化人」の改憲論を診る
 10 経済界の「改憲論」を診る
 11 研究者の「9条論」を診る
第3部 展望を診る
 12 いま「護憲」であることは「現実的」か?
 13 国際社会の現実と日本国憲法―国際社会への日本国憲法の問いかけ
結 むすびにかえて−憲法改正国民投票権者に問う
 
書籍情報 2005年4月、法律文化社発行。水島朝穂編著。定価2100円(税込)

 

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]