法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<憲法関連書籍・論文>

 

論文 特集「正しい戦争・安全のための戦争」

 2003年に成立した有事3法に続いて、2004年には関連7法が成立した。米軍の世界的再編の中での集団的自衛権の行使、自衛隊を海外に派遣する特措法の恒久法化の動きの中で、有事法制は軍事面だけでなくメディア規制を含めて国民生活全般に重大な変化をもたらす。特集は以下のとおりの「視点」と「キーワード」から有事法制の全体像を見渡している。

第一部=有事法制をみる視点
恐怖のグローバル化か、立憲主義のグローバル化か…阪口正二郎
市民的治安主義?―有事法制と安全・安心…西原博史
戦後有事法制の現段階…本秀紀

第二部=有事法制とキーワード
有事法制と国民保護…二本柳高信
有事法制と国民動員体制…成澤孝人
有事法制とメディア規制…福島力洋
有事法制と愛国心…寺川史朗
有事法制と国際人道法…岡田泉
有事法制とシビリアンコントロール…新井誠
有事法制の先にあるもの…近藤敦

雑誌『法学セミナー 1月号』(2005年1月1日発行。日本評論社。税込み940円)所収

 

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]