法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<憲法関連書籍・論文>

 

論文 「新防衛大綱と米国の狙い」

「自衛隊のイラク派兵の延長や閣議決定された『新防衛大綱』によって、平和日本の姿が大きく変わろうとしている」として、特集が組まれています。
 
松尾高志氏(関東学院大学講師)は、日本の防衛政策、自衛隊のあり方が戦後史的に大きな転換を始めようとしている、それは同時に日米同盟の変質ともリンクしており、事実上の改憲プロセスの始動ともいうべき事態を招くことになるだろうと警告して、3つの問題点を指摘しています。

成澤宗男氏(編集部)は、「石油が動かす米軍の世界的再編」を記しています。「エネルギーと資源」の供給先を多元的に獲得するため、イランを射程に置いたアフガニスタンにおける新米軍基地建設、カスピ海周辺での基地の建設ないし獲得、西アフリカでの海軍基地の建設など、地球規模の軍事基地網の強化をコンパクトに説明しています。

雑誌 『週刊金曜日』(2004年12月10日発行。株式会社金曜日。税込み500円)所収

 

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]