法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<憲法関連書籍・論文>

 

論文 「イラク自衛隊戦闘への密令」

 イラク・サマワへの自衛隊の撤退期限が目前の12月14日に迫り、派遣延長の是非が議論されています。政府は、サマワはイラク特別措置法による「非戦闘地域」であり、また、同法は「武力の行使や武力による威嚇」を禁止しているので、イラクへの自衛隊の派遣は憲法9条に違反していないと説明しています。
 論文は、独自に入手したという自衛隊の陸上幕僚長の印が押されている内部文書「改造指令書」をスクープして紹介しています。内部文書は小銃の「改造指令書」で、オランダ軍の撤退後自衛隊が自ら市街戦を行うことを考えているのではないかと、記者は解説しています。また、陸上自衛隊と米海兵隊との、市街戦を想定した合同訓練についても触れ、国会の審議や国民への説明なしにイラク特措法や憲法との関係で重大な事態が進行していることを問題にしています。

雑誌『Newsweek日本版』12月8日号(2004年12月8日発行。阪急コミュニケーションズ発行。税込み400円)所収

 

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]