法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<憲法関連書籍・論文>

 

書籍 『改憲は必要か』

 憲法再生フォーラム(代表―水島朝穂氏他)が1年がかりで準備してきたという「改憲問題に本格的に向き合う」書物。
 「編集にあたっては、憲法を擁護する立場の人々が『元気』になる本というだけでなく、むしろ、『いまの憲法は悪くはないが、そろそろ変えた方がいいのではないか』と考える人々に読んでもらいたい。そういう人々と対話する気持ちで編集しました。改憲についての答えがここにあるという『Q&A』ではなく、本書を読みながら読者に『自問自答』してもらいたいという願いを込めて、改憲問題『Q&Q』を目指しました」とのことです(水島朝穂「あとがき」より)。
 
目次の例
「いま、憲法9条を選択することは、非現実的ではないか」
樋口陽一氏

「押し付け憲法は選びなおさないと、自分たちの憲法にはならないのではないか」
杉田敦氏

「憲法を改めれば、自由や人権の状況も改善されるのではないか」
阿部浩己氏

他に、加藤周一、最上敏樹、阪口正二郎、北沢洋子、水島朝穂の各氏が執筆しています。
 
書籍情報
2004年10月20日発行
編者 憲法再生フォーラム
出版社 岩波書店
定価 700円+税

 

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]