法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<憲法関連書籍・論文>

 

論文「憲法九条と私」

料理研究家の小林カツ代さんのインタビュー記事はスペイン領カナリア諸島のラス・パルマス島への旅行から始まります。そこには「ヒロシマ・ナガサキ広場」というのがあり、そして「憲法九条の碑」があるのです。その島の市長が日本国憲法九条に感動してつくったそうです。小林さんの憲法九条への思いが綴られた記事です。
損害保険会社の相談役で経済同友会終身幹事の品川正治さんは、九条改定を唱える経済同友会の中で一貫して護憲を主張しつづけているそうです。品川さんは、「九条を改定して軍を持ってしまえば、あっという間に軍産複合体が権力を握り、行政を支配するアメリカのような構造になってしまいます」と警告し、軍産複合体が誕生することに対して反対する経済人はたくさんいると指摘しています。品川さんは「軍事的脅威を軍隊の力で解決することなど、しょせんできない話です。」と九条改憲の問題点をきっぱりと指摘されています。

雑誌『通販生活 2004秋号』(2004年10月15日発行。カタログハウス。
180円)所収

 

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]