法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<憲法をめぐる動向>

憲法に関する最新のトピックをお伝えします。「警戒!」「注目!」マークで分けられた情報です。
 

2005年4月4日付


注目! 思想差別された社員に8100万円支給
紡績大手「クラボウ」(大阪市)で、共産党員であることを理由に昇進などで不当な差別を受けたとして、社員2人が同社を相手取り、差額賃金や慰謝料など約9000万円の支給を求めた訴訟の控訴審は31日、会社側が8100万円を支払うなどの条件で大阪高裁で和解が成立した。

警戒! 民主党、国連決議を条件に武力行使を容認
民主党憲法調査会の国際・安保小委員会は国際貢献活動には軍事的に参加することも可能とするべきとの議論を行った。武力行使を伴う活動への参加は国連安全保障理事会の決議を条件としているようだが、今後様々な議論が行われることが必至となっている。
 


 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]