法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<憲法をめぐる動向>

憲法に関する最新のトピックをお伝えします。「警戒!」「注目!」マークで分けられた情報です。
 

2005年3月24日付


注目! 世界各地で反戦・平和の行動(3月19・20日)
対イラク開戦から二年となる19・20日、世界各地で反戦平和の行動が繰りひろげられた。アメリカではニューヨーク、ロサンゼルスなど数百カ所でイギリス、イタリア、ポーランド、ギリシャ、スペイン、スウェーデン、ノルウェー、デンマーク、トルコ、韓国、マレーシア、オーストラリアなどでも集会・デモが行われた。日本でも20日、全国でとりくみが展開された。

警戒! 中山・衆院憲法調査会長、憲法の部分改正を示唆
21日、衆院憲法調査会の中山太郎会長は東京都内で開かれたシンポジウムで、憲法改正は自民、公明、民主の三党で合意できるように、全面改正でなく部分改正になるとの考えを示した。中山会長は民主党から(憲法改正案発議に必要な)3分の2が賛成できるような改正論議が望ましいという意向が出され、自民党もそれを受け止めていると語った。
 


 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]