法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<憲法をめぐる動向>

憲法に関する最新のトピックをお伝えします。「警戒!」「注目!」マークで分けられた情報です。
 

2005年2月28日付


注目! 都知事の女性蔑視発言は憲法と相容れない=東京地裁
石原東京都知事の「最も悪(あ)しきものはババア」という発言についての裁判で、東京地裁は24日、「個人の尊重、法の下の平等を規定する憲法、男女共同参画社会基本法その他の法令や、国際人権B規約、女子差別撤廃条約その他の国際社会における取り組みの基本理念と相容(い)れないことはいうまでもない」と厳しく批判した。なお、原告の損害賠償請求は棄却した。

警戒! 自公民が改憲へ協議の必要性訴え=衆院憲法調査会
衆院憲法調査会は24日、5年間の議論の締めくくり討議を行った。自民党、公明党、民主党が、憲法「改正」のための手続き法整備についての与野党を超えた協議の必要性を互いに訴えた。調査会は今後、4月に公表する最終報告書の取りまとめ作業に入る。
 


 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]