法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<憲法をめぐる動向>

憲法に関する最新のトピックをお伝えします。「警戒!」「注目!」マークで分けられた情報です。
 

2005年2月17日付


注目! 憲法で保障された投票の秘密などに基づき判決(新潟地裁)
新潟県鹿瀬町の臨時保育士だった女性が、町長選で現職町長の対立候補を応援したことを理由に解雇されたのは不当だとして、町を相手取り慰謝料などの損害賠償を求めた訴訟で、新潟地裁は15日、町の対応は「憲法で保障された投票の秘密、選挙人の無答責(責任を問われないこと)を侵害する恐れがあり、民主主義の根幹を否定する。」として、慰謝料と失業保険などの損失分の支払いを町に命じた。

警戒! 参院憲法調査会、4月20日に報告書提出へ
参院憲法調査会は15日の幹事懇談会で、約5年間の議論をまとめた最終報告書を4月20日に参院議長に提出する方針を確認した。最終報告書では論点ごとに意見を整理した上で議論の方向性を「提言」としてまとめることを大筋で了承した。
 


 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]