法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<憲法をめぐる動向>

憲法に関する最新のトピックをお伝えします。「警戒!」「注目!」マークで分けられた情報です。
 

2005年1月27日付


警戒! 自民党新憲法起草委が発足、4月末に委員長試案
自民党は24日、新憲法起草委員会の初総会を開き、検討項目別に10の小委員会を設けたうえで3月末までに報告書を求め、4月末に森委員長による試案として集約することにした。小委員会委員長には中曽根康弘元首相(憲法前文)、宮沢喜一元首相(天皇)、福田康夫前官房長官(安全保障・非常事態)ら実力者を起用、「挙党態勢」で草案作りを進めることになった。

注目! 拘置所のビデオ「検閲」は違憲 〜 大阪高裁が判決
接見の際に裁判の証拠のビデオテープを被告に見せることを大阪拘置所職員が拒否したのは憲法などに違反するとして、大阪の弁護士が国に損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、大阪高裁は25日、職員の行為を違憲と認め一審判決を支持、国側の控訴を棄却した。

警戒! 最高裁、国籍条項による都の受験拒否に合憲判決
日本国籍がないことを理由に東京都の管理職試験の受験を拒否された在日韓国人で都職員の保健師、鄭香均さんが都に賠償などを求めた訴訟の上告審判決が26日、最高裁大法廷であり、判決は東京高裁判決を破棄し、「受験の拒否は法の下の平等を定めた憲法に反しない」と原告の請求を棄却した。
 


 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]