法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<憲法をめぐる動向>

憲法に関する最新のトピックをお伝えします。「警戒!」「注目!」マークで分けられた情報です。
 

2005年1月20日付


注目! 武力紛争予防へ、日本のNGOが集会
「武力紛争予防のためのグローバル・パートナーシップ」(GPPAC : Global Partnership for the Prevention of Armed Conflict )という世界的なNGO(非政府組織)のプロジェクトの日本での活動がはじまった。詳しくはGPPAC通信3参照。

警戒! 日本経団連が「憲法改正」を提言
18日、日本経団連は「国の基本問題検討委員会」の「憲法改正」を提言する報告書を発表した。第9条などの改正を求め、自衛隊の保持を明示し、国益や国際平和のため集団的自衛権も行使できると明確化するよう提言した。また、「憲法改正」を規定する96条についても改正要件の緩和を提言、「憲法改正」のための国民投票法の早期成立を求めた。

警戒! 自民党大会、「憲法改正」へ運動方針決定
18日、自民党は党大会を開き、11月に自民党憲法草案を策定することなどの運動方針を決定した。小泉純一郎首相(党総裁)は演説で、「多くの国民的議論の上に、新時代にふさわしい新憲法制定という大きな課題を背負っている」と述べ、憲法改正草案の策定は重要課題であるとの認識を示した。
 


 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]