法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<憲法をめぐる動向>

 

2004年12月9日付


警戒! 陸自幹部、改憲案を提出、自民党調査会の資料に
自民党憲法調査会の中谷元憲法改正案起草委員長は、陸上自衛隊の幕僚の幹部に改憲草案づくりを依頼し、幹部側は集団的自衛権の行使や国民の国防義務などを定める「憲法草案」等を中谷氏に提出、同案は党憲法調査会に資料として示された。文民統制や公務員の憲法尊重擁護義務等に抵触する事態が進んでいたことになる。

注目! 在外邦人選挙権について最高裁が憲法判断へ
海外居住者の投票権を認めないのは法の下の平等などを定めた憲法に反するとして、在外邦人が国に違法確認と損害賠償を求めた訴訟で、最高裁は8日、審理を大法廷に回付し、新たな憲法判断が示される見通しになった。
 


 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]