法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<憲法をめぐる動向>

憲法に関する最新のトピックをお伝えします。「警戒!」「注目!」マークで分けられた情報です。
 

2004年10月25日付


警戒! 衆院憲法調査会、現憲法下での常任理事国入りに異論
21日、衆議院憲法調査会は、現憲法下で国連安保理常任理事国入りを目指すという小泉首相の考えなどについて討議した。自民党の議員からは「常任理事国には国連への軍事力提供などの責務があり、現行憲法のままの理事国入りには慎重であるべきだ」、「(常任理事国の中国などの)神経を逆なでしている小泉政権に戦略的な発想があるのか」などの意見が出された。

警戒! 自民党憲法調査会、常任理事国入りには改憲必要と議論
22日、自民党憲法調査会は安全保障問題などについて議論。国連安保理常任理事国入りをにあたっては「憲法改正が必要」(舛添要一参院議員)、「(軍事面でも)一定の役割を果たせるようにするため、9条の不都合な部分を変えなければいけない」(渡海紀三朗衆院議員)などの意見が出された。そして、現行憲法9条2項を改正し、「戦力の保持」を明記するよう求めていくことで大筋一致した。
 


 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]