法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<憲法をめぐる動向>

 

2004年8月26日付


警戒! 自衛隊法改正で、自衛隊の海外活動を本来任務に格上げ
防衛庁は、年末までの新たな防衛計画大綱策定に向け、現在の自衛隊法で「付随的任務」とされている自衛隊の海外活動を「本来任務」に格上げする方針を固めた。憲法の下での国防の基本理念である「専守防衛」を超えるとの批判が出ている。

警戒! 首相、現憲法のまま常任理事国入りを目指す方針を固める
首相は、23日までに、9月の国連総会での演説で、現憲法のまま常任理事国入りを目指すと表明する方針を固めた。背景には、イラクの多国籍軍のもとでの活動などで常任理事国にふさわしい貢献ができるとの判断があり、海外での軍事行動に道を開くことへの懸念が指摘されている。

注目! 公明党、9条改正見送りへ
25日、公明党憲法調査会は憲法改正論議で焦点となる9条について、現行規定を堅持し、一切変更を検討しないとの方針で議論がおこなわれた。10月末の党大会で示す憲法改正の党見解にこうした方針を盛り込む方向で調整する。
 


 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]