法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<憲法をめぐる動向>

 

2004年8月19日付


注目! 終戦記念日、各地で平和のための集会
終戦の日の15日、戦争への反省や平和憲法の危機を訴える催しが各地で開かれた。東京・新宿の紀伊国屋のシアターでは、俳優の市原悦子さん、永島敏行さんらが学校行事での日の丸・君が代「強制」問題を取り上げた朗読劇公演を行った。

注目! 首相の元日靖国参拝を戦没者遺族らが提訴
16日、小泉首相による今年元日の靖国神社参拝は憲法に違反し、精神的苦痛を受けたとして、四国の戦没者遺族や宗教家ら86人が首相と国、靖国神社に損害賠償を求める訴訟を松山地裁に起こした。。

注目! 河野衆院議長が改憲論をけん制
17日、河野洋平衆院議長は講演で、日本の国連安保理常任理事国入りには憲法9条改正が重要との意見が米政府にあることに関連し、「日本のこれまで積み上げてきた政治的な主張を駄目にしてでも常任理事国に入るのがいいのか。(米国から)そう言われる以上は9条は変えないといけないというのは正しくない」と述べた。
 


 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]