法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<今日は何の日?>

日本や世界の、人権、平和、憲法に関わる記念日やできごとを広くとりあげています。
 

鳥羽伏見の戦い(1月3日)

王政復古で成立した明治政府では薩摩藩・長州藩を中心とする討幕派と諸藩連合が対立していました。1868年1月3日、両軍が京都の鳥羽と伏見で衝突し、討幕派が圧勝(鳥羽伏見の戦い)、このたたかいを皮切りに行われた戊辰戦争を通して討幕派が新政府の実権を握り、中央集権国家への道を歩むことになりました。新政府はやがて大日本帝国憲法を制定するとともに、海外への進出をはかるようになっていきました。
今日の日本国憲法は戦前の歴史と社会に対する反省をふまえて制定されました。新たな年にあたり、あらためて歴史を学ぶことも重要でしょう。

なお、2005年1月3日、このページに「1月3日 大教宣布の詔(1870年)」と「1月9日 プロ野球労働組合旗揚げ(1986年)」を掲載しました。

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]