法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<今日は何の日?>

日本や世界の、人権、平和、憲法に関わる記念日やできごとを広くとりあげています。
 

1月25日 第1回世界社会フォーラム(WSF)開催(2001年)

 ダボス(スイス)で行われていた世界経済フォーラムに対抗して、2001年1月25日〜30日、人権の保障や環境の保全が中心となるような「もうひとつの世界は可能だ(Another World Is Possible)」をスローガンに、ブラジルのポルトアレグレで最初の世界社会フォーラム(WSF)が開催された。以後毎年開催されている。グローバル化した経済の下で、時には軍事力を背景に、先進国の多国籍化した大企業が途上国に進出し、労働者を酷使し、環境を破壊し、あるいは民営化された公共サービスを独占運営することで、貧しい人たちが公共サービスが受けられないという問題が背景にある。

 

1月29日 衆議院小選挙区比例代表並立制に(1994年)

 1994年の政治改革立法の一環として、衆議院はそれまでの中選挙区制から、比例代表制を加味した小選挙区制をとることになった。中選挙区制は金がかかりすぎる、政策本位の選挙ができない等が理由だった。多くの反対もあったがメディアは概して推進する立場をとった。しかし、期待した成果はあがらないうえに、実質的な野党は不在となり、多数派の政策に対する少数派によるチェックという議会の機能が失われ、この政治「改革」をきっかけに国民の意思と政治との乖離が一層大きくなったという批判もなされている。

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]