法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<今日は何の日?>

日本や世界の、人権、平和、憲法に関わる記念日やできごとを広くとりあげています。
 

1月17日 民撰議院設立建白書提出(1874年)

「明治6年の政変」でいっせいに政府を去った板垣退助、後藤象二郎、江藤新平、副島種臣ら土佐・佐賀出身の前参議は、国力の充実が先決だとする大久保、木戸ら薩長出身官僚の藩閥専制に反対して、民撰議院(国会)の一日も早い開設を要求する建白書を左院に提出した。政府は時期尚早としてこれを却下した。しかし建白書は新聞に掲載され、国会開設の要求は次第に国民各層に広がり、自由で平等な社会をつくるために国民の参政権を求める自由民権運動の端緒を開いた。

 

1月20日 衆参院第1回憲法調査会(2000年)

「日本国憲法について広範かつ総合的に調査を行うため」、各議院に憲法調査会が設置され、2000年のこの日第1回の調査会が開かれた。まず改憲ありきの結論が先にあり「調査」とは名ばかりではないかという批判に常にさらされ、議員の欠席率の高さや居眠りの多さ、議論の中身の乏しさとあいまち、国民の調査会に対する関心は高まらなかった。衆院調査会は今年4月下旬に、参院調査会は5月ないし6月に最終報告書を提出する予定である。最近中山衆院調査会長は、「最終報告では集団的自衛権のことを確認する」等、一定の方向性を出す報告書とする見方を示した。調査会の目的に反するとの指摘もなされている。

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]