法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<今日は何の日?>

日本や世界の、人権、平和、憲法に関わる記念日やできごとを広くとりあげています。
 

1月10日 成人の日

 20歳を成人とするのは、中国の古書である五経の一つ『礼記』に、20歳は「弱」と呼んで、元服の時期としたことに由来する。中国では男子の20歳を「弱」といい、元服し冠をつけて成人を祝っていた(若者のことを「弱冠」というのは、ここからきている)。「冠婚葬祭」でいうと、成人式は「冠」にあたる。憲法では「成年」を何歳とするかは定めていない。公職選挙法では選挙権は20歳以上の者に選挙権を与えているが、年齢を引き下げるべきではないか、また、外国人の「成年」にも(地方公共団体の選挙の場合は特に)選挙権を与えるべきではないか、議論になっている。

 

1月10日 国際連盟設立(1920年)

 第1次世界大戦の悲惨な経験への反省から戦争を違法化する動きの中で、平和の確保と国際協力を目的として国際連盟が設立された。国際連盟規約は、戦争を制限する制度を初めて一般的な制度として確立した。但し、一定の手続きを経たうえで戦争を開始することまでは禁止しなかった。本部はジュネーブに置かれた。アメリカは、孤立主義(モンロー主義)を採る議会の反対で参加せず、社会主義をとるソ連は除外された。日本は1933年、脱退した。

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]