法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<今日は何の日?>

日本や世界の、人権、平和、憲法に関わる記念日やできごとを広くとりあげています。
 

1月3日 大教宣布の詔(1870年)

 明治新政府は、古代の王政に復古する立場から、祭政一致をとなえて神道を国教とし、1968年に神仏分離令を発して従来の神仏習合の風習を改めた。さらに新政府は翌年には神祇官を太政官の上位におき、1870年(明治3年)のこの日、大教宣布の詔(みことのり)(大教=神道を国民の間に広めるためという天皇のおおせ)を出した。翌年には皇室の祖先神を祭る伊勢神宮を頂点とした神社制度を設けた。これにより、神道は国家の精神的支柱となった(国家神道)。

 

1月9日 プロ野球労働組合旗揚げ(1986年)

 労働組合日本プロ野球選手会は1985年、東京都労働委員会の資格審査を経て労働組合として認定され、1986年のこの日、結成をお披露目する旗揚げ大会を行った。各球団の選手、球団職員、スカウト、マネージャー、バッティングピッチャー、用具係などが、その待遇の改善などを求めて結成したものである。初代会長中畑清氏(巨人軍)。昨年の球団の合併に伴う労働条件の変更等に際して行ったストライキは、プロ野球の将来を案じる多くの市民の注目を集め、また、現在進んでいる企業の再編・合併問題に伴う労働上条件の切り下げに直面している各層の労働者に大きな勇気を与えた。

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]