法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<今日は何の日?>

日本や世界の、人権、平和、憲法に関わる記念日やできごとを広くとりあげています。
 

1月1日 元日

元日は「年のはじめ」。元日の朝のことを特に「元旦」という。「旦」は地平線から昇る朝日を表す。現在では、元旦は元日と同じ意味で使われることが多い。
「正月」とは、本来は1月の別名。かつては夏の盆と対応して半年ごとに先祖を祀る行事だったが、次第に夏は盂蘭盆として仏教による先祖の供養となり、正月は年神(としがみ)を祭るものとなった。年神は家ごとに訪れるといわれ、門松は神を招く目印ないし神が宿る場所。

 

1月1日 イタリア共和国憲法施行(1948年)

イタリアでは、ムッソリーニの解任後侵略してきたナチスとファシストに対する抵抗運動(レジスタンス)が昂揚し、1946年に成立したイタリア制憲議会はキリスト教民主党、社会党、共産党が指導勢力となった。憲法にはキリスト教民主主義の理念と社会主義の理念が反映している。1789年のフランス革命が所有の保障を中核として人権を構成するのに対して、この憲法は社会連帯を重視し、勤労を人権の基礎としている(第1条)。国家対個人という枠組みでなく社会関係に即した人権体系が採用されていること、実質的平等の確保のために勤労者の広範な社会参加を宣言していることなども大きな特徴である。

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]