法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

映画『否定と肯定』(原題:DENIAL)


花崎 哲さん(憲法を考える映画の会)
                                                           

 前評判を聞いても、とても理屈張っていて難しそうな映画だと思い込んでいました。しかし映画を見始めると、その中のひとつひとつのセリフが、サクサクと気持ちの中に入ってくるのが不思議なくらいでした。
 脚本、演出、演技が優れているのはもちろんですが、それだけでなく、きっと、私たちがいま当面している問題と時代の情況がぴったり合っているからではないか、それらに答えを求めようとする切実さがそうさせるのではないか、と腑に落ちました。

【映画のあらすじ】
 1994年、アメリカのジョージア州アトランタにあるエモリー大学でユダヤ人女性の歴史学者デボラ・E・リップシュタットの講演が行われていた。彼女は自著「ホロコーストの真実」でイギリスの歴史家デイヴィッド・アーヴィングが訴える大量虐殺はなかったとする"ホロコースト否定論"の主張を看過できず、真っ向から否定していた。
 アーヴィングはその講演に突如乗り込み彼女を攻め立て、その後名誉毀損で提訴という行動に出る。異例の法廷対決を行うことになり、訴えられた側に立証責任がある英国の司法制度の中でリップシュタットはホロコースト否定論"を崩す必要があった。彼女のために、英国人による大弁護団が組織され、アウシュビッツの現地調査に繰り出すなど、歴史の真実の追求が始まった。(映画『否定と肯定』)公式サイト「STORY」より)

 デイヴィッド・アーヴィングを演じるティモシー・スポールの役作り、演技が凄いです。目つきに表れる執着の強さ、暗さ。つねに怒りが出ている表情は許容性がなく張り付いたようです。相手に反論を許さない侮蔑的な言動。それらは私たちが頭に浮かべる「偏執的な否定論者」「差別主義者」「レイシスト」といったイメージを具現化しています。(こちら側の感情的な偏見もあるとは思いますが)
 こういった攻撃にさらされたらたまらないと想像すると怯えてしまい気持ちに追い込まれてしまいます。

 ではそうした攻撃にリップシュタットは、どう闘ったのでしょう。
 ヒロイン、リップシュタットは何でもひとりでできるスーパーヒーローのようには描かれていません。むしろ裁判の始めの頃、「自分が」「自分が」の自己主張欲と、強気を崩さない性格が問題のようにも描かれています。そうした彼女はイギリスでの法廷では、被告でありながら、何も発言することを許されず、反発、怒りをあらわにします。
 しかしこの裁判を通して少しずつ彼女は変わっていきます。自分だけを主張するのでなく、まわりと力と気持ちを合わせて、「まかせる」ことを学んでいきます。それがある意味で「成長劇」のようになっています。
 つまり「自分が」「自分が」の彼女が、何も発言することを許されない、あるいは無力であると自覚するところで「自分は何をしようとしているのか」を見つめることになります。話の運びをそちらにもっていったところに、この映画を見る人びともすがすがしい気持ちになり、自分のこととして響くものになったのではないかと思うのです。

 では弁護団はどのようにこの裁判をたたかったのでしょうか。
 弁護団が、被告の発言を封じてまで大切にしたのは「相手の土俵に立ってはいけない」というところです。アーヴィング等否定論者の進め方は、相手の言い間違いや記憶違いを巧みに引き出して侮辱し、それらが信用ならないものだと責め立てるところにあります。逆に相手に突っ込まれたときは「そらし」「かわし」「話をかみ合わせない」。(ふと秘密保護法や安保法制、共謀罪法等の国会論議での首相の答弁を思い出して、また落ち着かない気持ちになってしまいました)
 そうした正当な論議以前のところでの感情的な対立に持って行かれないようにして、アーヴィング自身の著述や書いたものからその方寄った主張を証明する方法を採りました。
 こうしたことの大切さは、今のメディアによる「両論表記」が公平だとする問題にも通じます。議論の質や比率を無視しての「両論併記」は公正でも、中立でも、誠実でもありません。

 原作者のデボラ・E・リップシュタットさんが、この裁判がいま映画化された意義について、パンフレットの中で語っています。「悲しいことですがとても現代に通じるものになっている点です。オルタナティブファクトやフェイクニュースが流布しアメリカのトップにいる人は虚偽をあたかも真実のように言いつのる。それが一つのシンドロームのように拡がっています」
ねじ曲げられた理論であってもそれを声高に主張すれば世間に認められるという現代の風潮に警鐘を鳴らしています。
 ではそうした状況に対してどうしたらよいか、「健康的な疑念」をもつことをリップシュタットさんは語っています。

 理屈っぽくて難解な映画だと思って、どんな人たちがこの映画を見にいくのだろうと思っていましたが、映画館の前には1時間も前から列ができ、ほぼ満席でした。
 それだけこの映画に答えを求めるものを、多くの人がもっているのではないかと思いました。

【スタッフ】
監督:ミック・ジャクソン
製作:ゲイリー・フォスター ラス・クラスノフ
製作総指揮:ジェフ・スコール ジョナサン・キング クリスティーン・ランガン
ジョー・オッペンハイマー アンドリュー・カーペン ガイ・ヒーリー
原作:デボラ・E・リップシュタット
脚本:デビッド・ヘア
撮影:ハリス・ザンバーラウコス
美術:アンドリュー・マッカルパイン
衣装:オディール・ディックス=ミロー
編集:ジャスティン・ライト
音楽:ハワード・ショア

【キャスト】
レイチェル・ワイズ    (デボラ・E・リップシュタット)
トム・ウィルキンソン   (リチャード・ランプトン)
ティモシー・スポール   (デイヴィッド・アーヴィング)
アンドリュー・スコット  (アンソニー・ジュリアス)
ジャック・ロウデン    (ジェームズ・リプソン)
カレン・ピストリアス   (ローラ・タイラー)
アレックス・ジェニングス (サー・チャールズ・グレイ)

2016年制作 イギリス・アメリカ合作映画 110分
配給:ツイン
公式サイト:http://hitei-koutei.com/
上映案内: TOHOシネマズシャンテ TOHOシネマズららぽーと横浜
ほか全国ロードショー中


 
                                                           


<「シネマDE憲法」関連情報>

「憲法を知ることは、リアルと普遍の間を何度でも行き来すること——『映画で学ぶ憲法』」志田陽子さん(武蔵野美術大学造形学部教授)



 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]