法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

DVDドキュメンタリー映画「おりづる」


                              
T・S

 2008年9月から2009年1月まで、ピースボードが主催した第1回「ヒバクシャ地球一周 証言の航海」(おりづるプロジェクト)で被爆者103名が20カ国23港を訪れ、各国の人々との交流しました。その模様を描いたドキュメンタリー映画で、2つの作品が収められています。

【「フラッシュ・オブ・ホープ ―世界を航海するヒバクシャたち―」】

 被爆者の証言を中心に、専門家の解説、実写、アニメ、絵などにより、原爆の被害や危険性を描いています。

2009年 コスタリカ/日本
監督:エリカ・バニャレロ
製作:川崎哲/ピースボード、エリカ・バニャレロ/コスタリカ・フィルムワークス
61分

【「ヒバクシャとボクの旅」】

 ベトナムでは、被爆者は米軍による枯葉剤被害者と出会い、自分が間接的に加害者であることと、その事実を知らなかったことにショックを受けます。
若者が被爆体験を聞くときの戸惑い、被爆したときが幼く、被爆体験の記憶がない人が、被爆体験をひき継ぐための模索や役割を見つける努力などが描かれ、被爆証言の収録にとどまらず、被爆体験の継承もテーマにしています。

2010年 日本
監督:国本隆史
製作:川崎哲/ピースボード、国本隆史
64分

DVD2本セット(税込)
個人観賞用   3,000円
上演権付き  30,000円 送料別 全国一律 500円
公式サイトはこちら

* この間、当サイトでも被爆問題にかかわる様々な情報を提供してきましたので、ご案内します。

核兵器廃絶へ 〜 世界の青年と語り合う」布施恵輔さん
核兵器廃絶と平和の願いをアニメで伝える」有原誠治さん
ふたたび被爆者をつくらせない」岩佐幹三さん
被爆者の声をうけつぐ」山口逸郎さん
ヒロシマ・ピョンヤン――棄てられた被爆者」伊藤孝司さん 
核兵器廃絶に向けて取り組む高校生」近森拡充さん
被爆者はすみやかな核兵器廃絶を望む」田中煕巳さん


 
                              

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]