法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

映画「樺太1945年夏 氷雪の門」


                              
T・T

 1945年の太平洋戦争末期、沖縄で地上戦があり、多くの市民が犠牲になったことは知られていますが、北の地、樺太でもまた、地上戦による悲劇が起きていました。
 1945年8月、ソ連軍は南樺太に侵攻しました。その侵攻は日本の敗戦が確定した8月15日を過ぎても終わることはなく、市民は樺太から逃れようと南下しますが、その途上でも多くの人がソ連軍の侵攻の犠牲になりました。
真岡郵便局電話交換手の9人の女性たちは、その侵攻のなかで最期まで自身の仕事に就き、ソ連軍に追い詰められる中で、8月20日に自決しました。その経緯が描かれた映画です。
 この映画は1974年に製作されましたが、上映日を目前にして、ソ連側から抗議を受け配給会社が自粛してほとんど上映されませんでした。それから36年の時を経ての劇場公開です。
 この映画とその上映については様々なとらえ方があるでしょう。ソ連軍の侵攻の無法ぶりは糾弾されるべきでしょう。また、映画の上映に難色を示した公開時のソ連側の対応も問題視されます。こうした点から、この映画とその上映をめぐる問題が反ソ連=反共産主義を主張する立場から伝えられる場合もあるでしょう。しかし、筆者はもう少し大きな観点でこの映画から学びたいと思います。世界で戦争がくり返され、様々な戦争回避のための国際的措置がとられながらも、戦争はいまなお多くの一般市民、民間人に犠牲を強いています。この映画を観た人々と、日本国憲法が戦争を放棄し、戦力の不保持まで定めた意義をあらためて語り合うことが求められるように思います。

【映画情報】
製作:1974年 日本
監督:村山三男
製作総指揮:三池信、小倉寿夫
時間:119分
出演:二木てるみ、藤田弓子、岡田可愛、鳥居恵子、栗田ひろみ ほか
上映館:渋谷シアターNなどで公開中 全国で順次公開
公式ホームページ

法学館憲法研究所双書『世界史の中の憲法』(浦部法穂著)には「戦争と平和の歴史」もおさめられており、深く学ぶことができます。あらためてご案内します。


 
                              

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]