法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

映画「プレシャス」


                              
H・T

 「プレシャス」(precious)とは、「かけがえのない」「尊い」という意味で、「宝石」を形容するときにも使われます。これをミドルネームに持った、16歳の黒人少女の物語です。
 人間の尊厳と現実の環境の苛酷さとの落差の大きさは衝撃的ですが、絶望的な状況に置かれながらも前を向いて生きようとする少女の強さに励まされます。

 エイズの脅威が伝わり始めたニューヨークのハーレムに住み、問題を起こした生徒が送られる学校(フリースクール)で子供たちに教鞭をとったことがある作家サファイアの体験小説が元になっています。
 1987年のハーレム。アフリカ系アメリカ人で尋常でなく太った16歳の少女プレシャスは、中学校では「デブ」「ブタ」と嘲笑され、家に帰れば生活保護で暮らす母親から日常的に激しい虐待を受けていました。彼女は、今は行方をくらましている父親の子供を妊娠しています。12歳のときにも同様の妊娠をし、子どもはダウン症で施設に入っています。プレシャスは幼児の頃から父親のDVに傷ついていましたが、母親は「私の男」を奪った娘を憎んでいるのでした。極限的な状況に追い込まれた場面では、彼女は突如華やかな衣装をまとい皆の笑顔に囲まれて歌うスターのようなシーンをたびたび空想します。その現実とのコントラストに観客も救われます。でも、それは逃避の世界でしか生きられないということでもありました。

 ある日、プレシャスは妊娠が学校に知られ、フリースクールに送られます。彼女はそこで、美しく知的な女性教師レイン(ポーラ・パットン)と出会います。レインは、未だ読み書きのできないプレシャスに、辛抱強く学ぶ喜び、人とつながることの大切さを教えて行きます。やがて彼女は男の子を出産し、母親としての喜びと自分への誇りを持ち始めます。もはや空想への逃避はなくなりました。しかし、更なる過酷な試練が待っていました。

 そんな彼女を支えたのは、レインの他、ソーシャルワーカーや看護師たち周囲の人でした。家庭や社会から否定され孤立化させられた少女にとって「あなたを愛している」という言葉は決定的に重要です。

 プレシャスが2人の子どもを抱きかかえて歩くエンディング。学びつつ母性に生きる人間の尊さが胸を打ちます。でも、今後が本気で心配になります。すべての人間がかけがえのない存在なのだということ(憲法13条)、地域の生活環境やエイズ、教育、DVの問題に社会が真剣に取り組むことが不可欠であることを教えてくれる映画です。

 プレシャス役のガボリー・シディベは多数の新人賞を獲得しました。ハーレムで育ち役柄と同じような人たちを見てきたので自然に演技できたとのことです。母親役のモニークはアカデミー賞の助演女優賞を獲得しました。

【映画情報】
製作:2009年 アメリカ
監督:リー・ダニエルズ
原題:Precious: based on the novel “Push”by Sapphire
脚本:ジェフリー・フレッチャー
時間:104分
出演:ガボリー・シディベ/モニーク/マライア・キャリー/レニー・クラビッツ/ポーラ・パットン
上映館:TOHOシネマズ シャンテ他全国で公開中
公式サイト

 
                              

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]