法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

映画「ハーツ・アンド・マインズ」/「ウィンター・ソルジャー」―ベトナム戦争勃発から50年 映画で見る戦争の真実


                              
T・S

 2010年、日本においては安保改定50年で、東南アジアにおいては、第2次世界大戦後、最大の戦争であるベトナム戦争を戦った南ベトナム民族解放戦線が結成されてから50年にあたります。
 ベトナム戦争は1975年に終結し、ベトナムは南北統一した国になりましたが、ベトナムやベトナムに派兵した国の人々の中には今も、戦争の傷跡が残っています。
 これまで米国は、イラクに出兵し、いまなおアフガニスタンで戦争をしています。当コーナーで紹介したイラク帰還兵の戦争反対運動を描いたドキュメンタリー映画「冬の兵士」は、ベトナム帰還兵の反戦運動のときに開催された公聴会の名称で、ベトナム戦争とイラク戦争は帰還兵で繋がっています。
 戦争とは何か、その真実をベトナム戦争からイラク・アフガン戦争を考える2作品です。

 「『ハーツ・アンド・マインズ』ベトナム戦争の真実」は、米国や南ベトナムの当時の大統領、政府の最高幹部、兵士、一般庶民など、幅広い層の証言が綴られています。1975年、第47回アカデミー賞の最優秀長編ドキュメンタリー映画賞を受賞しました。当時、米国での上映は妨害行為に遭い、上映の是非が最高裁で争われて一般公開が認められました。日本での上映はなく、今回が初の劇場公開です。
 「『ウィンター・ソルジャー』ベトナム帰還兵の告白」は、1971年、”戦争に反対するベトナム帰還兵の会(VVAW)”主催による”ウィンター・ソルジャー公聴会”の模様を記録したドキュメンタリー映画です。第22回ベルリン国際映画祭、フォーラム部門インターフィルム賞受賞作です。

【映画情報】
「ハーツ・アンド・マインズ」ベトナム戦争の真実
製作:1974年 アメリカ
監督:ピーター・ディヴィス
時間:112分

「ウィンター・ソルジャー」ベトナム帰還兵の告白
製作:1972年 アメリカ
プロデュース:ウィンターフィルム・コレクティブ
時間:95分
上映館:東京途写真美術館ホール  6月19日(土)より  順次全国公開
公式サイト

*当サイトのシネマDE憲法では、「冬の兵士」を紹介しています。

 
                              

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]