法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

「生誕100年 社会派の巨匠 山本薩夫監督特集」


                              
H・O

 1月23日から、東京・銀座シネパトスで「生誕100年 社会派の巨匠 山本薩夫監督特集」が始まり(こちら)、映画「戦争と平和」も上映されます(2月4日(木)〜7日(日))。
 日本国憲法の公布を記念して3本の映画がつくられましたが、その一つが「戦争と平和」です(他の二つは「情炎」(松竹、監督渋谷実)と「壮士劇場」(大映、監督稲垣浩)、です)。
 戦争で生き残った兵士が中国大陸を経て、敗戦後に帰国。夫は戦死したとの公報を受け、兵士の妻は夫の親友と結婚していた。悲劇を乗り越え、その兵士はその後教育の場で子供たちに憲法の平和主義を説いていく・・・。ぜひ観ておきたい映画です。

「戦争と平和」作品データ
1947年/モノクロ/100分/東宝
監督:亀井文夫/山本薩夫 
脚本:八住利雄 撮影:宮島義勇
出演:池部良、岸旗江、伊豆肇、大久保翼、ほか

 「特集」では、このほかにも政治や社会の不正を批判する作品を多く観ることができ、憲法の理念を学び考える機会になるでしょう。

 
                              

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]