法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

シネマコリア2009 〜韓国古典アニメ特集〜


                              

「シネマコリア2009 〜韓国古典アニメ特集〜」のお知らせをいただきましたので、ご案内します。(法学館憲法研究所事務局)


(シネマコリア・小沢英裕さん)

 かつての大日本帝国による朝鮮半島植民地支配などの歴史を踏まえ、現在の日本が韓国などとの友好関係を築き発展させることは日本国憲法の基本的な精神だと思います。その精神を実現していくために、私たち日本人は韓国の人々や子どもたちの生活や意識を知ることが大事だと考えます。
 私たちが企画した「シネマコリア2009〜韓国古典アニメ特集〜」は韓国の子どもたちが観てきたアニメを通して、韓国とその人々について知る機会になると思い、ご案内致します。

●名称:シネマコリア2009 〜韓国古典アニメ特集〜

 今年のシネマコリアは、韓国の古き良きアニメ映画を上映。監督をお招きし、黎明期の韓国アニメの話しを伺います!
 上映作品は『少年勇者ギルドン』(1967)と『ロボット・テコンV』(1976)。いずれも韓国では長らく「幻の作品」となっていましたが、近年フィルムが発見され、復元&復活上映された韓国を代表する名作古典アニメです。当日は「韓国アニメの父」ともいえる両作品の監督が来場。韓国アニメーション黎明期をリアルタイムで知るVIP2名による来日トークは、これが最初で最後かも?! 2009年秋、韓国アニメを発見する!

●キャッチコピー 「発見! 黎明期コリアン・アニメーションの世界」
●開催日:11月7日(土)
●会場:愛知芸術文化センター 12階 アートスペースA
日付 開場 開演 作品名
11月7日(土) 12:40 13:00 『少年勇者ギルドン』(75分)
15:10 15:30 『ロボット・テコンV』(80分)
17:40 トーク「韓国アニメーションの黎明期」(80分)

『少年勇者ギルドン』
韓国/原題 ホン・ギルドン/1967年/75分/監督 シン・ドンホン/日本語吹替版
ハングルで書かれた最古の小説『洪吉童伝』の主人公としてお馴染み、義賊のヒーロー、洪吉童(ホン・ギルドン)の活躍を描いた韓国初の長編劇場アニメ。

『ロボット・テコンV』
韓国/1976年/80分/監督 キム・チョンギ/日本語字幕付
韓国人なら知らぬ者のいないロボット・アニメの代表作。1976年に劇場公開されるやいなや空前の大ヒットとなり、韓国に劇場アニメ・ブームをもたらした。

主催 シネマコリア 
お問い合わせ シネマスコーレ TEL052-452-6036

 
                              

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]