法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

映画「ウィグルからきた少年」


                              
K・T

 
 
舞台はカザフスタン。石油景気で経済発展に沸き立つ都市の片隅、建設途中で打ち捨てられた廃屋に身を寄せ合って暮らす3人の少年少女。カザフ人で裕福な親元を飛び出して、喧嘩と非行に身を委ねる少年カエサル。夜毎に街娼として我が身を売るロシア人少女マーシャ。そして、新疆ウィグル自治区から弾圧を逃れて国境を越え、一人カザフスタンにたどり着いた少年アユブ。

3人3様の生い立ちでありながら、彼らを結びつけているのは、社会から疎外された者の抱える苦悩、なのでしょうか。映画には、今のカザフスタンがおかれている状況、発展と貧困の織り成すモザイク模様が随所に散りばめられています。その中にあって、少年少女は、大人の不当な暴力から身を守る術をもっていません。カエサルは、喧嘩沙汰の挙句、恨みをかって刺されます。マーシャは、病に冒され命が尽きかけています。そして“ウィグルからきた少年”、アユブは――。

廃屋に不法に住まうことを当局に黙認させているという名目で、 “家賃”をとりたてるチンピラ男、プラートの手引きによって、自爆攻撃者に仕立て上げられるのです。プラートは、彼自身の借金返済のためにアユブを、ある組織(監督の説明によれば、山間に潜むウズベキスタンのイスラム原理主義者集団を想定したとのことです)に売ります。「これでお前の母親を救ってもらえる」と騙して。アユブの両親は、ウィグルで生き別れた後、生死も定かでない状況でした。
アユブは、爆薬を腹に巻いて、戦勝記念日の祝祭に沸く広場へと歩みを進めます。彼の眼に最後に映ったものは何か。噴水に戯れる若い女性か。幼子を抱きしめる父親の姿か。

本作の監督佐野伸寿さんは、現役自衛官であり、カザフスタン大使館に派遣されたことで現地の映画人と知り合い、いくつかの作品のプロデュースに関わってきたという経歴の方です。この映画はあくまでフィクションである、ということを強調しておられます。つまり、ウィグル人が政治的イデオロギー的対立の中で、自爆攻撃を是とするような狂信的な存在としてうけとられてはならない、と。
映画の中でも、アユブは、ただ無垢なままに、周囲の思惑に翻弄されたなりゆきで自爆攻撃に向かったことが伝わってきます。
監督は、現実に起きていること、ではなく、もしかしたら起こり得るかもしれないこと、の中でこそ、中央アジアの危うい状況を表現できると考えられたのではないでしょうか。ニュートラルな視線でありながら、憲法に込められた“個の尊重”や“平和主義”の理念が、世界中の子どもたちの幸福につながってほしいという想いを感じます。

映画冒頭で、カザフスタン在住のウィグル文化センター議長が語っています。「“仕返し”は“仕返し”の連鎖以外、何も生み出さない」と。非暴力主義の思想です。

【映画情報】
製作:2008年 日本・ロシア・カザフスタン
監督・脚本・編集:佐野伸寿
時間:65分
出演:ラスール・ウルミャロフ、カエサル・ドイセハノフ、アナスタシア・ビルツォーバ他
上映館:渋谷UPLINKで公開中。全国順次ロードショー。
公式サイト

※貧困をめぐる問題について、当研究所でも市民のみなさんとともに考える公開研究会(11/14)を行ないますので、あわせてご案内いたします。

 
                              

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]