法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

映画『シリアの花嫁』


                                                           
T・S

 映画の舞台はシリア・イスラエル・レバノン・ヨルダンに接するゴラン高原で、第三次中東戦争によって1967年からイスラエルに占領されている地域です。
 占領によって分断された「国境」を挟み花嫁と花婿は、花嫁が「国境」を越えない限り、直接会えません。「国境」を越えての会話の手段は拡声器しかありません。
 花嫁の家庭は日本ではあまり聞きなれないイスラムの少数派のドゥルーズ派に属しています。映画は結婚式当日の美容室に行くところから始まります。
 シリアにいる花婿になる男性はテレビの人気俳優で花嫁はテレビでしか彼を観ていません。花婿も花嫁を写真でしか見ていません。
 花婿は花嫁を周囲に美人と自慢し何の迷いもありませんが、花嫁はシリアに行けば、結婚がうまくいかなくても、自分の村には戻っては来られず、花婿のいない結婚式でも花嫁は華やかな白いウエディングドレスと対照的に終始、悲しい不安げな表情を浮べています。
 花嫁の長兄はロシアから、次兄はイタリアから、結婚式のために帰国してきました。姉夫婦の喧嘩、ロシア人女性と結婚したため家族や村から受け入れられない弁護士の長兄と父親の対立、その父以上に長兄を認めない、戒律に厳しい村の長老たち。
 占領地を巡る領土問題が絡み、花嫁の国境越えは、困難に直面します。また父親はイスラエル警察に連行されそうになりますが、長兄が令状なしの連行はできないと法律を盾にとって阻止し、父と長兄が和解します。
 そして最後、花嫁は自分自身の意思を決め、行動します。

 日本人のほとんどは結婚する自由や移動する自由の意義を否定しません。ところが、結婚する自由や移動する自由はどこの国でも同じように行使できるわけではないのです。あらためて自由や人権というものを考えさせてくれる映画です。

【映画情報】
製作2004年。現在、各地でアンコール上映中。
上映時間は97分。
監督:エラン・リクリス  
脚本:スハ・アラフ、エラン・リクリス
出演:ヒアム・アッバス、マクラム・J・フーリ、クララ・フーリなど。
公式HP

 
                                                           

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]