法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

映画『ワルキューレ』


                                                           
H・O

 第一次大戦後、ヒトラーはドイツの政権を握り、軍の最高位に就きました。ある軍の幹部が戦禍の拡大に異を唱え、ヒトラーの暗殺を試みました。その様子を描いた映画です。
 戦後のドイツはヒトラーの支配を否定することから出発しました。東西冷戦の最前線におかれたことから、西ドイツでは戦後まもなく軍隊が創設され、NATO軍にも参加するようになったことは検証されるべきですが、軍の活動に様々な制約が課せられたことは注目されます。軍のNATO域外への派遣については議会や裁判所で厳格な議論が行われます。また、国民には良心的兵役拒否が認められ、軍人も人権や平和の考え方に反する命令を拒否できるのです。
 軍の活動に対するドイツ社会の制約は日本とは対照的です。日本では憲法に反する自衛隊が創設され、海外派遣が拡大してきました。戦前の日本の侵略を否定する発言をする自衛隊幹部も現れます。日本がドイツから学ぶ意義はいまなお大きいと思われます。
 この映画を観て、ドイツには軍幹部にもヒトラーに反旗を翻す動きがあったことに驚かされます。日本にも戦時中に反戦運動がありましたが、現役軍人の動きはほとんど聞きません。最近ドイツでイラク戦争に反対する軍幹部が現れ、その主張を裁判所が認めましたが、ドイツにはこのようなことが起こる社会的歴史的な背景があるのでしょうか。
 4月18日(土)に開催する、ドイツ軍少佐・フローリアン=パフさんの講演会(事前予約制です)では興味深いお話が聞けるでしょう。詳しくはこちら

【映画情報】
2008年製作。現在、各地で上映中。
上映時間は120分。
監督はブライアン・シンガー。出演は、トム・クルーズ、ビル・ナイ、ケネス・ブラナー、トム・ウィルキンソンなど。
公式サイトはこちら

 
                                                           

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]