法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

映画『戦場のレクイエム』


                                                           
H.T.記

 激闘シーンを惜しみなく活写し戦争否定を明確に訴えていること、及び、現代の中国が「人間の尊厳」を基軸に据えて戦争と軍隊の非人間性を内部告発する映画を製作し大ヒットもさせたという2点において極めて注目される映画です。

 実話に基づく物語です。貧しい家に生まれたグー・ズーティは、生後3か月の時両親が餓死しました。拾われたのが粟畑だったところからこの名前をつけられました。時は流れて1948年、新中国の建設をめぐって、毛沢東らが率いる共産党の人民解放軍と蒋介石を先頭とする国民党軍は激しく戦っていました。この国共内戦には3つの山場がありますが、最も熾烈だったのが、映画で採り上げられている准海戦役です。市街戦に勝利したものの、多数の部下を失った第9連隊長グー・ズーティ(チャン・ハンユー)は、直後、残った総勢47名の部下を率いて最前線の炭鉱を防衛するよう、師団長から命令されます。必死に戦いますが、国民党軍の圧倒的な兵力、装備の前に、次々と命を落としていく部下たち。第9連隊は全滅になりました。1人生き残ったグーは、激しい贖罪の念にかられます。やがて47名は「革命烈士」ではなく、失踪者扱いになっていることを知ります。グーは、仲間の名誉を取り戻すために、不自由な眼で1人黙々と埋められた戦場跡の炭鉱を掘り続けます。仲間を掘り出し、彼らが最後まで責任を果したことを証明するために。
 やがて、意外なことが分ります。グーが所属する師団は、全体を安全に退却させるために、第9連隊を敵軍を引き付けておくための捨石にし、47名を炭鉱跡に埋めたまま新中国成立後も長年に渡って失踪者扱いにしていたのでした。
 
 従来の中国の戦争映画は、政治宣伝が目的だったと監督は述べています。兵士はあくまで勇敢に戦った烈士でした。しかし、実際の兵士は生と死のはざ間でおののきながら死んでゆきました。この映画は、「敵」である国民党軍の兵士が倒れるシーンも同じ1人の人間の死としていたたまれない感じを伝えています。描いているのは、戦争の悲惨さであり、人間のいのちの大切さです。解放軍が敗北していくということ、及び解放軍幹部の保身のための不正を暴いている設定が大胆です。今の中国共産党の正当性は正義の戦争に勝ったことに大きく依拠しています。その中で中国では破格の17億円も投じてこの映画が製作され、そして上映史上2位という観客を集めたということに、日本国憲法9条の精神にも通じる、中国映画界の自由化を強く感じさせます。映画は韓国人スタッフの大きな協力によって出来上がりました。今後、映画の分野でも、日本も加わった3国の提携関係が進むとすれば、平和な東アジアの建設に向けて明るい展望が開かれるのではないか、そんな夢も抱かせてくれる作品だと思います。

【映画情報】
【製作】2007年 中国
【時間】124分
【原題】集結號(集合ラッパ)
【監督】フォン・シャオガン
【脚本】リウ・ホン
【出演】チャン・ハンユー/タン・チャオ/ユエン・ウェンカン/タン・ヤン/リアオ・ファン/ワン・バオチアン
【上映館】:全国で公開中
公式サイト

 
                                                           

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]