法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

憲法情報Now<シネマ・DE・憲法>

 

映画『蟹工船』


                                                           
H・O記

 カムチャッカ沖での蟹漁の船の乗組員たちが過酷な労働を強いられ、団結して船の責任者に要求を突きつけていった様子がえがかれた映画です。
 近代憲法は市民の自由と人権を謳うものでしたが、それは当初資本家に労働者を酷使する自由を保障するものでもありました。20世紀に入り、憲法で労働者の諸権利が確立していくことになりましたが、そこには労働者の血みどろのたたかいがありました。
 法学館憲法研究所双書『世界史の中の憲法』で著者・浦部法穂教授は憲法の発展の歴史を解明しましたが、実際の労働者のたたかいをリアルにえがく映画として多くの人々に観てもらいたい作品です。
 労働者が酷使されている状況は決して過去のことではなく、まさに今日的問題でもあります。

【映画情報】
1953年製作。
109分。
原作:小林多喜二
製作:現代ぷろだくしょん
監督・脚本:山村聰
音楽:伊福部昭
キャスト:山村聡、日高澄子、森雅之、森川信、中原早苗、花澤徳衛

 
                                                           

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]